ノーノースメル口コミ

ノーノースメルを使うときは爪の手入れが重要?

投稿日:

 

皆さんは爪の手入れはしっかりしていますか?

爪と皮膚との間には雑菌がたくさんと言われています。

外から帰ってきたりしてしっかり手を洗うのは雑菌を洗い流すためです。

雑菌が繁殖していると体の免疫力などが下がってしまい、風邪をひいてしまいやすくなります。このように、雑菌が多いとノーノースメルの効果も軽減されてしまうんです。

 

 

爪の雑菌で効果が低下してしまうって本当?

 

爪と皮膚との間は汚れがたまりやすい場所になります。

爪が伸びたままの状態ですとノーノースメルの有効成分も行き届きにくくなってしまい、効果が弱まってしまう可能性があります。

なので足の爪は短く整えておくことをオススメします。

爪は1ヶ月に1mm〜2mm伸びると言われていますので手入れは定期的に行いましょう。

一日では雑菌の繁殖しない環境を作るのはかなり難しいことです。

毎日の積み重ねが雑菌が増えない環境作りをしましょう。

ノーノースメルの効果を高めるためにも、しっかり爪を切りましょう。

 

 

ノーノースメルを塗るときは足が清潔な時に。

 

爪の雑菌のことも話しましたが、足が清潔ではないのにノーノースメルを塗ってもしっかりとした効果が出ません。

必ず清潔な状態でノーノースメルを使用することにより、より早く効果が実感できるはずです。

夜に塗るときなどはお風呂上がりなどがベストです。

例えば仕事から帰ってきてます。靴を脱いで嫌なニオイがしてもすぐに塗っては足が汚れていたりしていたりするのでの環境が良くありません。

朝に塗る場合もできればウエットティッシュなどで一旦拭いてからノーノースメル塗ると効果が高いと思います。

特に朝はバタバタしているもの、なかなか難しいですができるだけ環境を良くしてから使いたいこところです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

爪と皮膚の間は雑菌にとって増殖の宝庫のような場所です。

その雑菌をケアしないままノーノースメル塗ってしまうのは効果を著しく低下させてしまいます。

自分の爪の垢のニオイを嗅いだことはありますか?

すっごく嫌なニオイがするはずです。

 

 

このニオイを取らないままノーノースメルを使ってしまうと、せっかくの消臭効果が台無しになってしまうかもしれません。

なので、しっかりと爪切りをしてノーノースメルを使いましょう!

-ノーノースメル口コミ

Copyright© ノーノースメルを徹底解析 , 2018 All Rights Reserved.