日常生活での嫌なニオイ予防

足のニオイの消臭はまず洗い方から?

投稿日:

 

皆さん足が嫌なニオイをした場合は足を洗いますよね?

でもしっかりした洗い方はできていますか?

しっかりと洗わないと汚れが残ってしまい、嫌なニオイが消えない場合があります。

ここでは足のしっかりした洗い方や消臭方法について紹介していきます。

 

 

基本の足の洗い方をマスターしよう

 

 

足の嫌なニオイの対策は、なんといっても足を清潔にすることから始まります。

お風呂で身体を洗うとき、足以外の身体を洗ったウォッシュタオルでそのまま足を洗っていると思いますが爪の間などにも汚れがついている場合もありますので細かく洗うことが大切です。

1 お湯を足をつけて、足に水分を吸わせます。

シャワーより、足湯などでしっかり湿らせる方がよいです。洗面器を使って少し足をつけたままにしましょう。

汚れが浮き上がって落としやすくなります。

 

 

2 手のひらを使って石鹸を泡立て、足指の間を洗っていきます。

足の臭いを落とすためだからといって、力を入れて洗うより、念入りに洗っていくことが大切です。

爪の両わきなども念入りに洗っていきます。汚れが気になる方は爪用ブラシを使っても良いでしょう。

3 足全体も手で包むようにしながらしっかり洗っていきます。泡や石鹸カスが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

4 きれいなタオルで拭いていきます。

指と指の間までしっかり水分を拭きましょう。

ここで足をしっかりと乾かすことが大切です。

 

制汗剤を使用する際もできればここまでしっかり足を洗ってから使用すると効果があります。

水分が残ってしまうと湿気になってしまい、ニオイの元になってしまいますので気を付けましょう。

 

足の消臭スプレー、ミョウバン水の作り方

 

スーパーに売っているミョウバンと水を使ったミョウバン水の作り方を紹介します。

ミョウバン水には、制汗の作用が期待できます。
嫌なニオイを悪玉菌を対策し、制汗作用で雑菌のえさが増えるのを抑える効果や足のニオイを抑えることができます。

用意するもの

ミョウバン

スーパーで売っています。生ミョウバン、焼ミョウバンなどの種類がありますがどれを使っても問題ありません。

水道水

水道水を使いましょう。

ミネラルウォーターは塩素が入っていないためオススメできません。

ペットボトル
スプレーボトル

 

作り方は簡単でペットボトルにミョウバンと水道水を入れ、振って溶かすだけでOKです。

しっかり混ざったことを確認したら、霧吹きなどのスプレー容器に入れ、足に吹きかけます。

清潔な状態の足に直接スプレーします。
スプレー後は自然に乾燥するのを待っても大丈夫ですし、タオルなどで軽く拭き取っても構いません。

たったこれだけで足のニオイの消臭効果があるので驚きです。

 

効果と成分

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

しっかりした洗い方やミョウバン水は知らない人が多い消臭法になります。

しかし、消臭だけでは一時的にしか効果ない場合があります。

なぜなら足の裏には他にも解決しなければならない問題がたくさんあるからです。

その問題を解決してくれるのがノーノースメルです。

ノーノースメルは朝と夜に2回塗ることで消臭効果ももちろん、他にも殺菌や保湿効果もしっかりしています。

しっかり足を洗った後は、ノーノースメルを使ってみてはいかがでしょうか?

-日常生活での嫌なニオイ予防

Copyright© ノーノースメルを徹底解析 , 2018 All Rights Reserved.