日常生活での嫌なニオイ予防

しっかり制汗剤を使ってもニオイが消えないわけとは

投稿日:

 

皆さん、足の裏って靴下を履いていても湿った感覚があって嫌ですよね?

しかもすぐに脱ぎたいですが、あのいや〜なニオイが出てしまうとなるとなかなか人前では脱げませんね。

ここでは正しい足の裏の制汗方法を少し紹介していきます。

 

 

足のニオイの原因はしっかり乾かさないから?

 

足の臭いの予防や対策として制汗剤やデオドラント剤を使用することは間違ってはいません。

しかし使った後の間違った対応をしてしまうとあまり効果がなかったりしてしまうのです。

特に注意すべき点は、制汗剤を使ったり、足を洗った後は「乾かすこと」が大事なのです。

しっかりと足を洗った後に制汗剤などを使用すると効果をより実感できます。

足を洗った後は、タオルでよく拭いて乾かした後に、制汗剤・デオドラント剤を足の裏に使用しましょう。

制汗剤やデオドラント剤がしっかり乾かしてから靴下や靴を履くようにするのが効果的です。

 

しっかり足を乾かさないとなぜ臭いが強くなってしまうか?

制汗剤やデオドラント剤はスプレータイプのものではなく、クリームタイプの方が、刺激が少なく乾燥しやすいので汗対策にはオススメになります

 

 

また通気性のいい靴や革靴を履くのもオススメになります。

足臭の大きな原因によるものです。

足には胸や背中と比べて倍以上の汗腺が存在し、コップ1杯分の汗をかくと言われているのです。

それが靴を履くことにより、多湿の環境で蒸されることで細菌が繁殖し嫌なニオイとなるため、通気性がよく蒸れを逃す効果のある靴はかなり効果あると言えるのです。

他にも足の裏の環境はとても雑菌が繁殖しやすい環境になっているため、嫌なニオイが発生してしまうのです。

なので乾燥している状態が菌を繁殖させない環境ということになるのです。

 

 

まとめ

 

足の裏から嫌なニオイを制汗剤のみで消すことはかなり困難と言えます。

しっかり乾かしたりしたり、きちんとした対応をしても再度ニオイが出てしまう場合がほとんどです。

嫌なニオイの原因には他の要素にも対策をしなければならないからです。

しかし、ノーノースメルであれば一本でいろいろなニオイに関する対処をしてくれます。

みなさんも制汗のみで足のニオイが消えない方は是非一度試してみてはいかがですか?

-日常生活での嫌なニオイ予防

Copyright© ノーノースメルを徹底解析 , 2018 All Rights Reserved.