ノーノースメル効果

殺菌だけすれば足のニオイは消えるのか?

投稿日:

 

殺菌という言葉はよく聞く言葉ですが、他にも除菌や滅菌など似たような言葉がたくさんあります。

足のニオイの原因に必要なことは殺菌ということですがどのようなことなのでしょうか?

殺菌について少し調べてみました。

 

 

殺菌、滅菌、除菌、抗菌の意味について

 

「殺菌」「滅菌」とはその名の通り、菌を殺すことです。

嫌なニオイの原因となる菌の悪玉菌を死滅させることで、ニオイの根本を絶つことを言います。

しかし、どの程度菌を死滅させるかで言い方が変わってきます。

「滅菌」

すべての(またはほとんどの)雑菌を死滅させることを言います。

雑菌やウイルスなど微生物の生存確率が100万分の1以下になることを滅菌と定義されているようです。

「殺菌」

おなじく雑菌を殺すこと。

殺菌は菌をどのくらい殺すのかは決まっていませんので、一部の菌を殺すだけでも「殺菌」と言います。

さらに似ている言葉がありましたのでそれについても調べてみました。

「除菌」

菌の数を一定数減らし、清浄度を高めること。

「抗菌」

菌の繁殖を防ぐこと。菌を殺したり減らしたりするわけではない。

ノーノースメルの効果に殺菌をするという言葉がありました。これは善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると嫌なニオイがしてしまいます。

善玉菌を死滅させないことから滅菌ではなく殺菌をしなければいけないことがわかります。

 

 

殺菌だけではニオイは消えない?

 

普通なら嫌なニオイの元の雑菌を殺菌すれば嫌なニオイが消えると思いますが、実は殺菌だけでは嫌なニオイは消えません。

なぜなら、足には古くなった角質や皮脂、汚れで雑菌が増殖しやすい環境が整っています。 これは私たちが生きている以上、汗をかき、角質が出てしまうのは避けられないことです。

これらの雑菌のエサが、足から出る汗と混じりあうことで私たちの足の環境は雑菌たちの巣窟となっているのです。
対策としては足は毎日キレイに洗い、菌・角質・皮脂などをない清潔な状態をキープすることが大事なことになります。

 

まとめ

 

殺菌が足のニオイに大事だということはわかってもらえたと思います。

しかし、毎日これだけのことをするのはとても大変なことだと思います。

そこで活躍するのがノーノースメルです。

 

 

ノーノースメルは毎日の朝と夜に二回塗るだけで、殺菌はもちろん角質のケアなどを行なってくれます。

 

ノーノースメルを使用する前はしっかり足を洗って、乾燥させておくとより効果が得られます。

足のニオイにお悩みの方は是非一度ノーノースメルを使用してみてはいかがでしょうか?

 

-ノーノースメル効果

Copyright© ノーノースメルを徹底解析 , 2018 All Rights Reserved.