日常生活での嫌なニオイ予防

お酒の飲み過ぎはニオイにも影響?

更新日:

 

ついついお酒を飲みすぎてしまったりしていませんか

お酒のアルコールはワキガや加齢臭、汗のニオイに影響を与え、飲みすぎてしまうと体臭を強くしてしまいます。また

体臭の悪化は飲んだその日だけでなく、数日続くこともあります。

しかし、お酒は適量であれば体臭対策にもなるという情報が入ってきました。

これはどういうことなのでしょうか?

体臭とお酒の関係について詳しく調べてみました。

 

 

お酒が体臭を強くしてしまう理由

 

お酒がワキガや加齢臭などの体臭に影響を与えてしまうのはアルコールにあるといえます。体臭が強くなるのは、アルコールの過剰摂取が原因となります。過剰摂取によってニオイが強くなってしまう理由は下記の3つになります。

 

 

  • アルコール独特なニオイがある
  • 汗をかきやすくなるためすぐに発汗されて臭い汗をかいてしまう
  • アルコールの分解にする際に嫌なニオイの物質を生んでしまう

 

お酒独特のニオイ。吐息からもこのニオイが混ざってしまい、全身からアルコール臭がしているように感じてしまいます。このアルコール臭の嫌なニオイがワキガ臭や加齢臭、汗臭さと合わさってしまうことによりさらに嫌なニオイが悪化してしまうのです。

またお酒を飲むとアルデヒトによって血管が拡張して発汗をします。またアルコールが体温中枢に働きかけて脳に間違った命令をしてしまい、実際にはそれほど体温が上がっていないのに体がほってた感覚になり、汗が出やすくなってしまうのです。

この汗は急激に発汗されるのが特徴で、お酒を飲んだ時に短時間で出てしまう汗ははニオイ物質を多く含むので嫌なニオイの汗になってしまいます。

肝臓によるアルコールの分解によってアセトアルデヒド酢酸が発生します。この2つの物質は強いニオイの原因でほとんどは肝臓で解毒されて尿として排出されるのですが、過剰にお酒を摂取すると、全てを排出することができずにそのまま血液から汗腺や肺に届いて汗や息として排出されてしまうため、体臭が臭くなってしまうのです。

また、肝臓でアルコールを分解するときに活性酸素が発生してしまいます。活性酸素が多くなるとワキガや加齢臭といった脂質系の体臭が出てきてしまいますのでお酒の飲み過ぎには注意が必要です。

 

適量であれば体臭対策になる?

 

お酒は体臭をつくるものですが、実は適量であれば体臭対策のひとつになります。

その理由は、お酒はストレス解消の効果があるためになります。

 

 

実はストレスはかなり影響が出てしまうものなのです。

ストレスは自律神経を乱して、胃や肝臓の機能が低下してしまったりする場合もあります。

緊張によることで多汗を引き起こしたり、アンモニア臭を強くしたり、口臭悪化などいろいろな体臭に影響を与えてしまうのです。

なので、ストレスを発散できるアルコールを適量摂取することは体臭予防になると言えるのです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

お酒は過剰に摂取すると肝臓のみでアルコールが分解できずに汗から放出されてしまうと嫌なニオイがしてしまいます。

しかし、適量を守ればストレス抑制効果がわかったお酒。

普段お酒を飲まない方でもたまにはお酒を飲んで、毎日のストレスを解消して嫌なことも嫌なニオイも解消していくのはいかがでしょうか

-日常生活での嫌なニオイ予防

Copyright© ノーノースメルを徹底解析 , 2018 All Rights Reserved.